笠取山(かさとりやま)に行ってきました!

愛媛の南「南予(なんよ)地域」で最も高い山1,562mの「笠取山」でトレッキングしてきました!11月に入り、かなり寒いことだろうと心配していましたが、幸い天候にも恵まれ、風もなくとても気持ちよかったです!


内子町小田エリアから、久万高原町の道の駅「みかわ」を経由して、そこから車で40分ほど登ったところがスタート地点です。

準備運動をしていざ出発。笠取山の頂上を目指します。と言っても初心者コースなので、スタート地点から10分ほどで着きました!

頂上からの眺めは最高!!この尾根道を左右の山々を眺めながら進みます。山一帯を見下ろせるのも、標高の高さと強い風により木が生えていないから!なんとも感動的な眺めです。

少し下るとうねうねとした枝が特徴的なブナの木の林があります。ブナは森の王様とも呼ばれるそうで、森の動植物を守っていると言うことでした。確かにブナ林の道はふかふかとして気持ちがよく、絨毯の上を歩いているようでした。この土で野菜育てたら美味しそうだなーなんて思いながら進みます。コールはなだらかな道なので、経験値や年齢関係なく歩けます。

このブナの木は今年折れてしまったそうです。笠取山は風が強く、風によってこうして木が折れてしまうことがあるそうです。自然の厳しさを感じます。

途中でマットを敷いてお弁当を食べました。山の上で食べるおにぎりは格別でした!どんぐりやブナの種を拾って遊びました。

全ルート4kmを歩いて、小田深山に到着!迎えにきてくれた車に乗り込んで下山します。笠取山トレッキングツアーは毎年ツツジの綺麗な5月末と、紅葉シーズンの10月中旬に開催されます。来年の日程はまたお知らせしますので、ぜひチェックしてみてください^^

うちこツーリズム | 愛媛県内子町体験プログラム

愛媛県内子町で四国の田舎を楽しもう! 内子町は松山から車で1時間、特急電車で25分、日本の田舎を代表するような「のどかな」町です。手漉き和紙、稲作、こんにゃく作り、滝行など、普段体験できない非日常があなたを待っています。